最新情報のページ

2007年9月

★ボランティア協会主催のボランティア養成講座に参加
特定非営利活動法人相模原ボランティア協会が毎年実施しているボランティア養成講座のコース別講座にパソコンコースとして参加しました。基礎講座を終了された方が受講できる講座です。ひとりでも多くのサポーターに活動を支えていただきたい思いからです。

2007年9月7日から21日までの5日間、相模原市立総合学習センター小会議室を会場として、一般公募の受講者6名とパラボラ相模原からオブザーバー1名の合計7名が参加する講座を開催しました。

第1日目の報告
日時:9月7日(金)13:30-15:30
受講者:7名(一般公募6名、オブザーバー1名)
講師:古川繁子(パラボラ相模原代表)
アシスタント:8名(TA、QH、RI、MN、MM、MS、HM、YS)

講義内容
1.パラボラ相模原の活動紹介
2.障害とIT支援技術
 ・障害受容のプロセスと障害のある人の理解
 ・支援技術、提案時期、導入のポイント
3.IT支援技術として各種支援機器
 ・障害者のサポート
 ・伝えたいこと
4.肢体障害者へのサポート
 伝の心(日立製)を使い舌先でパソコンを操作する様子のビデオを紹介
5.実習
 消しゴム付き鉛筆を使って上肢障害用支援機能(固定キーとマウスキー)の設定と操作

プロジェクターを使ってのきめ細かい説明があり、受講者は真剣に取り組んでいました。


第2日目の報告
日時:9月10日(月)13:30-15:30
受講者:6名(一般公募5名、オブザーバー1名)
講師:北神あきらさん(視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN)理事)
アシスタント:6名(QH、TA、HM、MM、RI、MN)

アシスタントと受講者のそれぞれの着席位置を含めて自己紹介をしてから開始です。
SPAN理事で視覚障害当時者として精力的に活躍している北神さんの講義では、「視覚障害者とパソコン」についての概要的な講義でした。

講義内容
1.視覚障害者についての基礎知識
 ・視覚障害者について、接し方(歩行その他)、誘導方
 ・視覚障害者のパソコン環境
2.キーによるWindows操作
 ・ウィンドウの構成、基本のキー操作方法
 ・スクリーンリーダー(画面読み上げソフト)の操作方法
  BとD、MとN、PとT、を入力して、音声の読み上げを聞き分ける。
  ほとんどの受講生は、同じ読み、あるいは両方共別の読みに聞こえたとのこと。
 ・自分の名前を入力して、音声の読みを聞きとる。

受講者の感想
 ・視覚障害者に対しての接し方が分かり、大変参考になりました。
 ・パソコンの勉強をしているけれど、自分の知らない世界がある事が分かり嬉しい、勉強になりました。


第3日目の報告
日時:9月12日(水)13:30-15:30
講師:EEさん
受講者:6名(一般公募5名、オブザーバー1名)
アシスタント:7名(SF、TA、QH、HM、RI、MN、MM)

4日目は学習センターのパソコンが借りられず当会所有のパソコンを使用します。インターネット接続ができないため、順序は逆になりますが3日目にインターネットの講習を行いました。

講義内容
1.ホームページリーダー(HPR)の説明及び画面の説明
2.HPRの基本的なコマンドの説明
3.デモンストレーションとして
 ・視覚障害者専用のサイト「駅前探検倶楽部SS」で乗り換え検索
  JR相模原から上野までの経路を調べました。
 ・Yahoo Japan!の天気予報を検索
  相模原市中央と住所で検索して天気が表で示されたが、行読みでは何を言っているか分からないので、テーブル読みに変えて読みました。
4.実習
 ・会員OSさんのホームページ「視覚障害者だって普通の人」を開いて、「電車に乗るのは大変です」の記事を聞きました。
 ・朝日新聞をHPRと「ニュース to Speech」で読んで、読みやすさを比べました。
 15時15分頃の実習中「安倍総理大臣の辞任」のニュースには、一同「エッ!本当なの!」と画面を見入って(聞き入って)いました。

受講者からの質問
 パソコンによって音声が微妙に違うので習得するのが大変だったのでは?
講師の回答
 大変でしたが好きなので楽しく習得できました。パラボラ相模原の教室で経験豊富な方に学びました。


第4日目の報告
日時:9月18日(火)13:30-15:30
講師:EEさん
受講者:5名(一般公募4名 オブザーバー1名)
アシスタント:6名(SF、TA、QH、MN、RI、MM)
見学者:2名(総合学習センター情報班の天野和弘さん、関本亨さん)

講義内容
視覚障害者用音声ソフトの基本的操作(実習)
1.PC-Taklerの読み方
2.キーボードガイドを使ってキーの位置確認とブラインドタッチの説明
3.マイエディットで文章入力
 「野に咲く花のように」の歌詞を入力
  講師が録音してきたカラオケで、歌詞を前出しながら、みなさんで歌いました。
4.各自、保存してマイエディットを終了

受講者の感想
 最初はどの様にして教えていただくのか判りませんでしたが、目で確かめ、音声で聞き分けマウスを使わずパソコンを操作することはとても勉強になりました。
講師から一言
 音声で読んでいる文字を確かめ、パソコンの読み方を良く聞き分けてほしい。


第5日目 最終日の報告
日時:9月21日(金)13:30-15:30
受講者:7名(一般公募6名 オブザーバー1名)
アシスタント:6名(SF、TA、QH、MN、RI、MM)
体験発表者:3名(SH、KT、MS)
終了証書授与者:白濱豊子さん(ボランティア協会 事務局委員会長)

最終日は茶話会です。代表からパラボラ相模原の紹介として教室活動を中心とした説明があったあと、当会で教えている人や教えられている人などと受講者との懇談を行いました。
一部を掲載します。

*受講者Tさん:サラリーマン時にパソコンをしていましたので、自分の知っていることは教えたい。パソコンは「やる気」です。初心者にはパソコンの楽しさを教えたい。
*受講者Kさん:マウスを使わずどうやるのか? 鉛筆一本での操作を教えていただき感動でした。
*受講者Aさん:マウスなしの操作、毎回違った講習、鉛筆での操作を体験し、障害者用ソフトも面白かった。見学してからパラボラ相模原に入りサポーターになりたい。
*当会教室受講者SMさん(肢体):障害者になり10年です。パソコンに出会うまでは「いつ死んでもいい」と思っていましたが、あじさい教室でパソコンを習い始めて、とても嬉しく、やりがいがあります。
*当会教室受講者TKさん(視覚):パソコンを始めて2年半ぐらいです。1年近くはキーボードばかり叩き、ホームポジションを覚えたおかげで、今ではいろいろな事が出来るようになった。視覚障害者はパソコンを覚えたいと思っている人が多いと思うので開拓して欲しい。
*代表:ボランティア団体なので色々な企業や団体からハード、ソフトの寄贈をいただいています。ソフトは高知システム開発様から。サポーターであれば使用して欲しい。インストールは対策(重い、フリーズetc)を考えてソフトを入れるといい。
*アシスタントQHさん:ボランティアは元気づけること。きっかけを与えること。
*アシスタントMNさん:昨年講習会を受講し、視覚障害者向け内容であったので出来るか不安があったが、「活動しながら学ぶ」の主旨に基づき始めた。最初はドキドキでしたが、パソコンもサポートすることも好きです。

終了証書授与式
ボランティア協会の白濱豊子さんから、「ボランティア協会から補助金を出してボランティアを養成しています。指導者として活動して下さい」、と激励の言葉を添えて、受講者全員に終了証書が手渡され、すべての日程を終了しました。

以上、報告致しました。(MM, MN, & SF)

1日目講師の代表と司会者の写真 3日目と4日目の講座風景 2日目の講師が歩行ガイドする際の注意点をデモしました。
最終5日目茶話会の写真 最終日ボラ協事務局委員会長様から終了証書が授与されたました。



過去の記事

以下の記事がご覧になれます。
◆ 2007年度(平成19年度)分

上溝南中学校で体験講座 --- 2007年7月
大沼公民館講習会 --- 2007年6月
パラボラ相模原第7回定期総会と懇親会 ---  2007年4月

◆ 2006年度(平成18年度)分

サポーターレベルアップ講座:画像2 ---  2007年3月
雑誌アゴラ39号に掲載、サポーターレベルアップ講座:画像1 ---  2007年2月
1/29-31田名公民館講習会、1/19&1/25津久井地区でパソコンボランティア交流会、サポーターレベルアップ講座:HP3 ---  2007年1月
12/13中央中学校体験講座、12/4-6新磯公民館初心者講習会、サポーターレベルアップ講座:HP2 ---  2006年12月
11/2旭中学校体験講座、11/14-16津久井で初心者講習会、11/11-13視覚PC教室、サポーターレベルアップ講座:HP1 ---  2006年11月
町田市で視覚PC教室、サポーターレベルアップ講座:技術3 ---  2006年10月
サポーターレベルアップ講座:技術2、講習会予告、ボランティア養成講座 ---  2006年9月
サポーターレベルアップ講座:技術1 ---  2006年8月
大沼公民館講習会と若草中学校体験学習  --- 2006年6月
SPANフォーラム2006参加発表報告 --- 2006年5月
パラボラ相模原第6回定期総会と懇親会  --- 2006年4月

◆ 2005年度(平成17年度)分

サポーターレベルアップ講座:画像処理2 --- 2006年3月
大沢公民館パソコン講習会(2)、相原中学校福祉体験学習、サポーターレベルアップ講座:画像処理1 --- 2006年2月
大沢公民館パソコン講習会(1)、サポーターレベルアップ講座:HP作成3新年のご挨拶:代表 --- 2006年1月
市民活動活性化講座参加、サポーターレベルアップ講座:HP作成2、ハンディキャップ体験出前講座:旭中学校 --- 2005年12月
視覚障害者向け講習会、サポセンフェスタ'05、サポーターレベルアップ講座:HP作成1 --- 2005年11月
ボラ協ボランティア養成講座後半、サポータレベルアップ講座:技術3 --- 2005年10月
ボラ協ボランティア養成講座開始、サポータレベルアップ講座:技術2 --- 2005年9月
大沢公民館「夏休み親子パソコン教室」2、サポータレベルアップ講座:技術 --- 2005年8月
大沢公民館「夏休み親子パソコン教室」1 --- 2005年7月
ソレイユフェスタ参加報告 --- 2005年6月
「平成17年度 定期総会と第1回懇親会の報告」 --- 2005年5月
「平成17年度 定期総会のお知らせ」 --- 2005年4月

◆ 2004年度(平成16年度)分

「第3回ボランティア養成講座報告」 --- 2005年3月
「相原中学校福祉体験授業」 --- 2005年2月
「新年のご挨拶」、「情報化シンポジウム・イン・相模原」 --- 2005年1月
「特集・パソボラ・カンファレンス2004」 --- 2004年12月
市内学校福祉体験授業、他 --- 2004年11月
視覚障害者向け IT講習会案内他 --- 2004年10月
特集「みんなの家」 --- 2004年8月
「神奈川障害者IT支援ネットワーク」設立趣意書、他 --- 2004年7月
「ボランティア養成講座」開催案内 --- 2004年6月
「横山公民館教室、BLPCフェア参加」 --- 2004年5月
「定期総会開催報告」、横山公民館教室 --- 2004年4月(2)

◆ 2003年度(平成15年度)分

「相模原るっくあらうんど」で紹介されました、横山公民館教室スタート --- 2004年4月(1)
「あじさい教室の取材、花見、横山公民館まつり」 --- 2004年3月
「パラボラ相模原の近況」 --- 2004年2月
「2004年のスタート」 --- 2004年1月
「2003年、一年を振り返って」 --- 2003年12月
「サポートセンター1周年記念行事、他」 --- 2003年11月
「視覚障害者IT講習会、スタッフ研修旅行、他」 --- 2003年10月
「マイクロソフト様からのソフト支援」 --- 2003年9月
「広く障害者の支援体制を作る為に」 --- 2003年8月
「視覚障害者IT教育指導者育成講習会」を開催 --- 2003年7月
「リコー社会貢献クラブ様からの支援決定」 --- 2003年6月
「神奈川県内パソボラ交流会報告」 --- 2003年5月
「平成15年度定期総会実施、他」 --- 2003年4月

◆ 2002年度(平成14年度)分

「福祉体験会実施、他」 --- 2003年2月
「IT講習会実施速報」 --- 2002年12月
「養成講座終了、新2教室、IT講習会依頼速報」 --- 2002年10月
「パソコンボランティア養成講習会」を実施しました --- 2002年9月 
「ノートパソコン他の寄贈を受けました」 --- 2002年8月
「パソコンボランティア養成講習会」計画詳細 --- 2002年7月
「パソコンボランティア養成講習会」計画スタート --- 2002年6月
「サルサの会」再スタート --- 2002年5月
「パソコンボランティア入門セミナー」参加報告 --- 2002年4月

Copyright (C) 2000-2007 The Volunteer Group PARABORA SAGAMIHARA
All Rights Reserved