NEWS

2005年11月

視覚障害者向け講習会

2005年度相模原市立総合学習センター主催の講習会をパラボラ相模原が受託した。連続5年となる今年は3日間の日程で、マンツーマンサポートによる懇切丁寧な指導による講習会を無事終了した。

タイトル:視覚に障害のある人のパソコン講習会
講師の白岩先生の写真日時:2005年11月20日(日)と22日(火)の13:30〜16:30、26日(土)は13:00〜16:00 計9時間
受講者:5〜6名、計16名
講師:20日と26日は白岩康平先生(横浜市立盲学校教諭、パラボラ相模原会員)、22日は会員2名
アシスタント:述べ28名
体験発表者:5名


講習会風景の写真11月20日(日)司会者による開会宣言に続き、主催者を代表して総合学習センターM主査挨拶とパラボラ相模原代表の挨拶があり、早速講習に入った。講師は白岩先生。
 ・ パソコンで何ができるか
 ・ 先生によるデモストレーション
 ・ どんなパソコンを選んだら良いか
深い経験に基づいたお話は、具体的でしかも解りやすかった。ネットの世界は危険がいっぱいと言うけれど、日常生活でも怖いところへは近づかないように、マナーを守れば得られる情報ははかり知れない。しかし「裏を取る」のも大事で、不確かな情報には惑わされないようにすると良いと話された。

11月22日(火)講師はパラボラ相模原会員EさんとOさんの2名。
Eさん:優しく丁寧に指導した。
 ・ パソコンの起動と終了
 ・ キーボードガイドの練習、文字入力の練習
Oさん:落ち着いていてゆっくり説明をした。
 ・ インターネット体験として、自身のホームページを開き読む
 ・ ニュースtoスピーチを使って矢印キーだけで新聞を読む操作を実習

11月26日(土)講師:白岩先生
 ・ キーボードガイドで文字入力、ニュースtoスピーチの操作をそれぞれ復習
 ・ MMメール携帯の学習
 「メールとは」から始まり、MMメールのファンクションキーを使った操作を説明に従って実習する。先生からのメールを受信して本文を読み、返信もする。また、アドレス帳についての説明もあり、盛りだくさんの内容だった。

視覚障害者の体験発表
 1日目と2日目は会員各2名がそれぞれ5分間、3日目は1名が10分間で、パソコンを始めたきっかけや今ではどのように生活に生かしているかを話し、後輩へエールを送った。

質疑応答の後、受講者の感想を聞いた。とても良かった、楽しかった、少し難しかった、これからやりたいことの目標をつかんだ、などなど。

最後に、総合学習センターMさんは継続の大切さを説かれ、これを受けてパラボラ相模原代表からパソコン教室の紹介とお誘いがあった。これを機会に講習会後も学習を継続して、是非、生活の必需品にして使いこなしてもらいたいと切に願っている。

(SF)


サポセンフェスタ'05 パネル展示に参加

さがみはら市民活動サポートセンター主催の恒例となったフェステバルが「未来に飛びたて市民パワー」と題して盛大に行われました。
私達パラボラ相模原は次の企画に参加しました。
 パネル展示の部  2005年11月13日(日) 9:00〜17:00
 場所:銀河アリーナロビー(相模原市弥栄)
 メンバー4名

11月13日(日)、さがみはら市民活動サポートセンターのフェステバルが、渕野辺公園銀河アリーナ付近広場で開催された。
各種ボランティア29団体に混じり、“パラボラ相模原”も参加した。
パネル展示に加え、「障害者パソコン相談コーナー」をテント内に設け、会のアピールを試みた。
写真:パネルを並べてパラボラ相模原をPR副代表が1週間も費やして準備作成したプレゼンテーションをプロジェクターで手作りのスクリーンに投影し、テント前を行き交う人に呼びかけた。
早朝から三々五々集まり始めた人も、昼近くには広大な広場を埋め尽くすほどとなり、 食べる、見る、遊ぶ等など、各人気コーナーには人の列が絶えなかった。
我がパラボラ相模原のPRはどのように伝わったのだろうか〜??
好天の下、2005年フェスタは無事終了、賑やかな活気に満ちた秋の一日となった。(YK記)
                                                 

サポーターレベルアップ講座:ホームページ作成講座 1回目


相模原中小情報処理産業振興会(通称サシア)様の全面協力によるサポーターレベルアップ講座、第2弾の「ホームページ作成」が始まりました。12月と1月の計3回6時間の講座でホームページビルダーを使いこなすことが目的です。レベルの高い学習ができればとを願っています。

日時:2005年11月4日(金)13:30-15:30
場所:けやき会館3階の「さがみはら市民活動サポートセンター」会議室
講師:2名サシア会員 岡田茂様、YO様
アシスタント:4名サシア会員 杉本祥一様、清水様、梶原様、EG様
出席者:13名


今日は初回なので入門コースとして、ガイドマップに従って、ホームページの基礎知識から始まりました。
1.インターネットのしくみ
2.ホームページのしくみ
3.ホームページを公開するまでの流れ

私たちの活動とは切っても切れないアクセシビリティの紹介
IBMのサイトを開きバリアフリーの扉:アクセシビリティ情報から、有限会社アイ・クリエイトに飛び、色覚異常の方達にどのように見えるかを「カラーコントラストチェッカー」で確認して、ホームページ作成する際には参考にして欲しいとの由。

そして、ホームページビルダーの基礎知識としては編集スタイルとモードの説明を聞きながら、各自のパソコンで画像と文字を挿入して配置やソースコードの確認を行いました。

テンポが速く小気味良い時間が流れ、あっという間に終了のお時間となり、早速宿題が出されました。トップページを作成してみてください、とのことで、受講者の皆さんは早くも想いはマイページのこと。どんな具合に進行するのか今後の講習に期待を掛け、後かたずけをして解散しました。

報告は以上です。(古川記)


過去の記事

以下の記事がご覧になれます。
◆ 2005年度(平成17年度)分

ボラ協ボランティア養成講座後半、サポータレベルアップ講座:技術3日目 --- 2005年10月
ボラ協ボランティア養成講座開始、サポータレベルアップ講座:技術2日目 --- 2005年9月
大沢公民館「夏休み親子パソコン教室」2日目、サポータレベルアップ講座:技術 --- 2005年8月
大沢公民館「夏休み親子パソコン教室」1日目 --- 2005年7月
ソレイユフェスタ参加報告 --- 2005年6月
「平成17年度 定期総会と第1回懇親会の報告」 --- 2005年5月
「平成17年度 定期総会のお知らせ」 --- 2005年4月

◆ 2004年度(平成16年度)分

「第3回ボランティア養成講座報告」 --- 2005年3月
「相原中学校福祉体験授業」 --- 2005年2月
「新年のご挨拶」、「情報化シンポジウム・イン・相模原」 --- 2005年1月
「特集・パソボラ・カンファレンス2004」 --- 2004年12月
市内学校福祉体験授業、他 --- 2004年11月
視覚障害者向け IT講習会案内他 --- 2004年10月
特集「みんなの家」 --- 2004年8月
「神奈川障害者IT支援ネットワーク」設立趣意書、他 --- 2004年7月
「ボランティア養成講座」開催案内 --- 2004年6月
「横山公民館教室、BLPCフェア参加」 --- 2004年5月
「定期総会開催報告」、横山公民館教室 --- 2004年4月(2)

◆ 2003年度(平成15年度)分

「相模原るっくあらうんど」で紹介されました、横山公民館教室スタート --- 2004年4月(1)
「あじさい教室の取材、花見、横山公民館まつり」 --- 2004年3月
「パラボラ相模原の近況」 --- 2004年2月
「2004年のスタート」 --- 2004年1月
「2003年、一年を振り返って」 --- 2003年12月
「サポートセンター1周年記念行事、他」 --- 2003年11月
「視覚障害者IT講習会、スタッフ研修旅行、他」 --- 2003年10月
「マイクロソフト様からのソフト支援」 --- 2003年9月
「広く障害者の支援体制を作る為に」 --- 2003年8月
「視覚障害者IT教育指導者育成講習会」を開催 --- 2003年7月
「リコー社会貢献クラブ様からの支援決定」 --- 2003年6月
「神奈川県内パソボラ交流会報告」 --- 2003年5月
「平成15年度定期総会実施、他」 --- 2003年4月

◆ 2002年度(平成14年度)分

「福祉体験会実施、他」 --- 2003年2月
「IT講習会実施速報」 --- 2002年12月
「養成講座終了、新2教室、IT講習会依頼速報」 --- 2002年10月
「パソコンボランティア養成講習会」を実施しました --- 2002年9月 
「ノートパソコン他の寄贈を受けました」 --- 2002年8月
「パソコンボランティア養成講習会」計画詳細 --- 2002年7月
「パソコンボランティア養成講習会」計画スタート --- 2002年6月
「サルサの会」再スタート --- 2002年5月
「パソコンボランティア入門セミナー」参加報告 --- 2002年4月

Copyright (C) 2000-2005 The Volunteer Group PARABORA SAGAMIHARA
All Rights Reserved