NEWS

2005年3月

主催:パラボラ相模原
後援:相模原市、相模原市社会福祉協議会、
相模原市社会福祉事業団 障害者支援センター松が丘園

日程終了しました。

目的:視覚障害者がパソコンを操作するには、健常者や視覚以外の障害者がパソコンを操作する以上に困難なことがあります。画面が見えないというハンディーから音声ソフトに読んでもらい画面の状態を知り、マウスを使う代わりにすべてキーボードから入力してパソコンを操作します。その音声ソフトの操作は少し特殊なため、事前に経験して慣れていただくための導入講座を実施しました。
この講座はパソコンボランティア・サポーター養成の講座です。

「第3回視覚障害者向けパソコンボランティア養成講座」の報告

日時:2005 年3 月8 日(火)9:30〜16:00(6 時間)
場所:ソレイユさがみセミナールーム2(シティプラザはしもと6階)
受講者:6名、講師:5名、サポーター:4名、見学:4名

内容:視覚障害者に対するパソコンボランティアの心得、音声ソフトを使用したインターネットとメール

パラボラ相模原・副代表の挨拶と全員の紹介に始まり、以下の講座が行われました。今回は、今迄2回の講座と異なり、6時間を1日で行う企画で実施いたしました。

1. 挨拶と全員の紹介
2. 視覚障害者とPCについて、講義とデモンストレーション
3. 弱視者の立場からの補足とPC活用状況
4. PCの基本とキーボード操作、マイエディット、文字入力
==昼食及び懇談会==
5. 視覚障害者についての基礎知識
6. MMメール、送受信、便利な機能、電子メールのマナー
7. ホームページリーダーによる閲覧、検索、便利な機能
8. 質問及びアンケート作成

今回は、インターネット環境も良く又、全員で食事と懇談が出来て良かったと思いますが、一日はちょっと強行スケジュールでした。

受講者の皆さん、講師&サポーターの皆さん一日お疲れ様でした。

以上。

(報告: 松本)


戻る


▲ホームページのトップへ

Copyright (C) 2000-2005 The Volunteer Group PARABORA SAGAMIHARA
All Rights Reserved