最新情報のページ

2010年2月

★相模原市主催「視覚に障害がある方のためのパソコン体験講習会」

「視覚に障害がある方のためのパソコン体験講習会」の旧市域編を開催しました。
これは平成13年度より毎年相模原市総合学習センターより受託して継続開催している講座、視覚に障害がある方にきっかけづくりを体験していただくというものです。今回は2日間計6時間の講習会です。

1日目の様子 2日目の講習風景

日時 2010年2月20日(土)21日(日)13時~16時
場所 相模原市南保健福祉センター 2階 情報交換ルーム
定員 5名
対象 視覚に障害のある市民
主催 相模原市総合学習センター
協力 パラボラ相模原
後援 相模原市社会福祉協議会
広報 相模原市広報紙2月1日号
    相模原市社会福祉協議会広報紙みんないいひと(全市版)1月20日号 
    さがみはら市民活動サポートセンターホームページ
    チラシは市内公民館32か所をはじめ、図書館・博物館など市施設15か所および
         ボランティアセンター、南ボランティアセンター、松が丘園、
         市民活動サポートセンターなど計51か所に配架

【1日目】
参加者 合計14名
 受講者 4名(視覚障害者4名、男性)
 見学者 2名(家族1名、ヘルパー1名)
 主催者 1名(市担当職員)
 パラボラ相模原 7名(講師:白岩康平先生、アシスタント:KK,KT,SS,TA,古川繁子、
               オブザーバー:KT)

学習内容
主催者挨拶、古川から挨拶と2日間のスケジュール、参加者の自己紹介がありました。

①講師によるパソコン活用のデモンストレーション
横浜市立盲学校(正式には横浜市立盲特別支援学校)教諭、最近はデイジーの研究をしています。

新聞が端から端まで読める、これはすごいことで視覚障害者の憧れだった。
当事者にとって、情報を得たり、文字を獲得できた意義は大きい、その1歩がパソコンから始まる。
何の目的にパソコンを使うのかを早く決めてから始めると良い。
自己実現、自立していくために役立ててほしい。
・・・と含蓄あるお話しでした。

仕事上、文書を書くことが多いけれど、便利に利用しているインターネットとして、インターネットラジオ、電車やバス時刻の検索を披露されました。

点字図書館のカセットテープサービスは来年度末で終了し、デイジー形式に完全移行する、CDは長くは続かずメモリカードが主流になっていくだろうとして、プレクストークポケットの実物紹介がありました。

②パソコンに触ってみる、キーを覚える
キーボードガイドを使って、機能キー、キーボードのブロックごとにどのようなキーがあるかの説明を聞き、音声で確認しながら実習をしました。

③文字入力
MyEditを起動し、ホームポジションなどの指使いを練習し、あいうえおを入力。
辞書を使い、黒板に字を書いて、spaceで漢字に変換し、enterでノートに書き込むのが文字入力の手順と説明の後に「あい」をどのように漢字変換するかじっくり聞きながら実習。
「しんだいしゃたのむ」と入力して「寝台車頼む」や「死んだ医者頼む」のように変換し直す、すなわち変換対象の区切り直しの方法を実習しました。


【2日目】
参加者 合計11名
 受講者 3名(視覚障害者3名、男性)1名は疲れて欠席
 主催者 1名(市担当職員)
 パラボラ相模原 7名(講師:白岩康平先生、アシスタント:KK,KT,SS,TA,古川繁子、オブザーバー:KT)

学習内容
③MyEditの実習
まず復習として自由に文字入力、昨日の講習を思い出すために、各受講者はアシスタントの丁寧なサポートにより20分間入力練習。この日は保存操作も体験。

④インターネットの操作と検索
NetReader(ブラウザ)を使用。
ホームページの構造の話では、色々な機能が埋め込まれていて、別のページが開くリンクの個所に来ると、音声では音の高低で聞き分けることができます。ページを読ませる様々なキー操作を実習。
休憩を挟んで、検索を実習。「新聞」をキーワードに検索すると4700万件、早く見つけるためにキーワードを複数並べて絞り込み、お目当ての新聞を読んでみました。お気に入りに追加も体験。

インターネットは怖いとの印象を持つかもしれないがだんだんに分かってくる。
情報は検索すると並列で出てきて、ガゼネタも多いので注意。
信用できるサイトかは自分で判断しなければならないけれど、大切なツールなので使わない手はない。
便利に使ってほしい、とのことでした。

⑤福祉制度とPC購入に関しての情報提供
相模原市の福祉助成制度を古川が紹介し、また、パソコン購入に関するアドバイスを講師より情報提供しました。
パソコンやスキャナ、プリンタなどは量販店で買うのがいいでしょう。Windows7もそれに対応した音声ソフトも安定してくるのでWindows7 32ビット版を買うことになると思います。用途に応じて、通信の種類、ソフトのあるなしを選択してくださいとのこと。 

⑥感想、質疑応答
受講者の感想
受講者Aさん(5級):目の前に置いて毎日使わないと前に進まないなあと思いました。始めるにあったって何に使いたいかがないと駄目だと昨日聞いて、ワープロを長年使用して消耗品入手が難しくなってきているので、パソコンでワープロを始めたいと思っています。

受講者Bさん(2級):2日間短くて覚え切れなかったけど、ありがとうございます。昨日より今日の方がスピードが早くとてもついていけなかった。でも使い方が分かってきたように思います。これからもっと知識を増やして、始めるかを考えたい。だいぶ参考になりました。
・講師から:このような感触で動いているものだというのが分かった、イメージがつかめただけでも収穫ですよ。

受講者Cさん(1級):パラボラ相模原の教室へ3-4カ月通ってブラインドタッチができるようになったばかり。細かい説明まで聞けて良かったです。

質疑応答では、
パソコンは就職に役立つかの質問に対し、今では、パソコンは就職に有利ではなく、視覚に障害があってもワープロができて当り前になってきている。コンピュータはジャンルが広く、専門知識が通用しない場合が多くてはねられることになる。と講師。やっと緊張が解けたのか、お口も軽やかに職業訓練校の話などでしばし盛り上がりました。障害者の就労にはとても関心が高いようです。

学習センター職員さんから
2日間お疲れ様でした。皆さんは最後まで熱心でしたのでいい講習会になったと思います。ぜひ、これをきっかけとしてパソコンを継続して勉強し便利に使ってほしいと思います。との閉会の辞をいただきましました。

最後にパソコンを終了して講習会はお開きになりました。

<報告 古川>



過去の記事

以下の記事がご覧になれます。
◆ 2009年度(平成21年度)

福祉の輪推進委員会主催講座 --- 2010年1月
愛川町社協主催IT教室 --- 2009年12月
城山福祉のつどい、サポセンのフェスタ参加 --- 2009年11月
ボランティア養成講座 --- 2009年10月
ハンデキャップ体験講座:上溝南中学校、パネル展示会 --- 2009年9月
視覚障害者向けパソコン体験講習会(城山) --- 2009年8月
ソレイユフェスティバルの報告、ハンディキャップ体験講座:弥栄中と共和中,、サポーター研修会第3クール4日目 --- 2009年6月
第9回定期総会と懇親会、サポーター研修会第3クール2日目と3日目 --- 2009年4月


◆ 2008年度(平成20年度)

サポーター研修会第3クール1日目 --- 2009年3月
ハンディキャップ体験講座:大野南中学校、サポーター研修会第2クール4日目 --- 2009年2月
ハンディキャップ体験講座:新町中学校、サポーター研修会第2クール3日目 --- 2009年1月
サポーター研修会第2クール2日目、市主催視覚障害者向け講座:学習センターで --- 2008年12月
ハンディキャップ体験講座:旭中学校と相模台中学校、城山で年賀状作成講座、サポ研第2クール1日目 --- 2008年11月
パソコンボランティア養成講座、サポーター研修会4日目 --- 2008年10月
パソコンボランティア養成講座開催予告、サポーター研修会3日目 --- 2008年9月
サポーター研修会2日目 --- 2008年8月
NHKテレビで放映、サポーター研修会開催 --- 2008年7月
第8回定期総会と懇親会 --- 2008年5月
パソコンひろばスタート --- 2008年4月


◆ 2007年度(平成19年度)

さぽせんナウ18号に掲載、サポセンPC講座、パソコンひろば予告 --- 2008年3月
中央中体験講座 --- 2008年2月
市主催視覚障害向け体験講座-2 --- 2008年1月
市主催視覚障害向け体験講座-1、相原中体験講座 --- 2007年12月
弥栄中学校で体験講座 --- 2007年11月
JUSCOで市民活動展 --- 2007年10月
ボランティア養成講座 --- 2007年9月
上溝南中学校で体験講座 --- 2007年7月
大沼公民館講習会 --- 2007年6月
パラボラ相模原第7回定期総会と懇親会 ---  2007年4月

◆ 2006年度(平成18年度)

サポーターレベルアップ講座:画像2 ---  2007年3月
雑誌アゴラ39号に掲載、サポーターレベルアップ講座:画像1 ---  2007年2月
田名公民館講習会、津久井地区でパソコンボランティア交流会、サポーターレベルアップ講座:HP3 ---  2007年1月
中央中学校体験講座、新磯公民館初心者講習会、サポーターレベルアップ講座:HP2 ---  2006年12月
旭中学校体験講座、津久井で初心者講習会、視覚PC教室、サポーターレベルアップ講座:HP1 ---  2006年11月
町田市で視覚PC教室、サポーターレベルアップ講座:技術3 ---  2006年10月
サポーターレベルアップ講座:技術2、講習会予告、ボランティア養成講座 ---  2006年9月
サポーターレベルアップ講座:技術1 ---  2006年8月
大沼公民館講習会と若草中学校体験学習  --- 2006年6月
SPANフォーラム2006参加発表報告 --- 2006年5月
パラボラ相模原第6回定期総会と懇親会  --- 2006年4月

◆ 2005年度(平成17年度)

サポーターレベルアップ講座:画像処理2 --- 2006年3月
大沢公民館パソコン講習会-2、相原中学校福祉体験学習、サポーターレベルアップ講座:画像処理1 --- 2006年2月
大沢公民館パソコン講習会-1、サポーターレベルアップ講座:HP作成3新年のご挨拶:代表 --- 2006年1月
市民活動活性化講座参加、サポーターレベルアップ講座:HP作成2、ハンディキャップ体験出前講座:旭中学校 --- 2005年12月
視覚障害者向け講習会、サポセンフェスタ'05、サポーターレベルアップ講座:HP作成1 --- 2005年11月
ボラ協ボランティア養成講座後半、サポータレベルアップ講座:技術3 --- 2005年10月
ボラ協ボランティア養成講座開始、サポータレベルアップ講座:技術2 --- 2005年9月
大沢公民館夏休み親子パソコン教室-2、サポータレベルアップ講座:技術 --- 2005年8月
大沢公民館夏休み親子パソコン教室-1 --- 2005年7月
ソレイユフェスタ参加報告 --- 2005年6月
平成17年度 定期総会と第1回懇親会の報告 --- 2005年5月
平成17年度 定期総会のお知らせ --- 2005年4月

◆ 2004年度(平成16年度)

第3回ボランティア養成講座報告 --- 2005年3月
相原中学校福祉体験授業 --- 2005年2月
新年のご挨拶、情報化シンポジウム・イン・相模原 --- 2005年1月
特集・パソボラ・カンファレンス2004 --- 2004年12月
市内学校福祉体験授業、他 --- 2004年11月
視覚障害者向け IT講習会案内他 --- 2004年10月
特集みんなの家 --- 2004年8月
神奈川障害者IT支援ネットワーク設立趣意書、他 --- 2004年7月
ボランティア養成講座開催案内 --- 2004年6月
横山公民館教室、BLPCフェア参加 --- 2004年5月
定期総会開催報告、横山公民館教室 --- 2004年4月(2)

◆ 2003年度(平成15年度)

「相模原るっくあらうんど」で紹介されました、横山公民館教室スタート --- 2004年4月(1)
あじさい教室の取材、花見、横山公民館まつり --- 2004年3月
パラボラ相模原の近況 --- 2004年2月
2004年のスタート --- 2004年1月
2003年、一年を振り返って --- 2003年12月
サポートセンター1周年記念行事、他--- 2003年11月
視覚障害者IT講習会、スタッフ研修旅行、他 --- 2003年10月
マイクロソフト様からのソフト支援 --- 2003年9月
広く障害者の支援体制を作る為に --- 2003年8月
視覚障害者IT教育指導者育成講習会を開催 --- 2003年7月
リコー社会貢献クラブ様からの支援決定 --- 2003年6月
神奈川県内パソボラ交流会報告 --- 2003年5月
平成15年度定期総会実施、他 --- 2003年4月

◆ 2002年度(平成14年度)

福祉体験会実施、他 --- 2003年2月
IT講習会実施速報 --- 2002年12月
養成講座終了、新2教室、IT講習会依頼速報 --- 2002年10月
パソコンボランティア養成講習会を実施しました --- 2002年9月 
ノートパソコン他の寄贈を受けました --- 2002年8月
パソコンボランティア養成講習会計画詳細 --- 2002年7月
パソコンボランティア養成講習会計画スタート --- 2002年6月
サルサの会再スタート --- 2002年5月
パソコンボランティア入門セミナー参加報告 --- 2002年4月

Copyright (C) 2000-2010 The Volunteer Group PARABORA SAGAMIHARA
All Rights Reserved