入会のご案内

[1.どんな活動] [2.会員とは] 

▲ホームページのトップへ
 パラボラ相模原の活動とは?

 「パラボラ相模原」は相模原市を中心に、障害者や高齢者がパソコンを使うためのサポートを行っている市民ボランティア団体です。具体的な活動には、7つの教室運営と、パソコンの接続、設定、操作指導などを、個人宅に訪問して行う「個人訪問サポート」、相模原市主催の視覚障害者向けIT講習会のお手伝いなどがあります。

 教室は、けやき会館内のさがみはら市民活動サポートセンターでの「あじさい教室」、「けやき教室」と「シニア教室」、南保健福祉センター内の「南教室」と「土曜教室」、橋本図書館での「はしもと教室」、ソレイユさがみでは「ソレイユ教室」の運営があります。

 私達は30名のサポーターが集まった時点で、サポート活動を開始しました。現在は、市内約200名の会員で活動しています。地域外のかたはメール会員で参加されています。

 パソコン初心者のかたも、教えるのは苦手というかたも、なかなか時間がとれないというかたも、できることはたくさんあります。例えば、目の見えないかたの横で画面を読み上げる、説明書をワープロで打ち込む、(本の形では読めなくても、パソコンに入力されていれば音声読み上げソフトで読むことができます。)などなど。知識よりなにより大切なのは「気持ち」です。

 私たちは、「自分にできることを、できる範囲(負担のない範囲)で、たのしく」おこなって行きたいと考えています。相模原市といっても、けっこう広い。数人のサポーターが相模原の隅々まで必死で駆け回る・・・というのではなく、たくさんのサポーターがいて、それぞれが「自転車で気軽に通えるサポートをする」という活動ができたらいいな、と思います。そのためには、ぜひともあなたの協力が必要です。

トップへ戻る

 パラボラ会員とは?

  「パラボラ相模原」では、サポートする側、される側を「上下」の関係ではなく対等の立場と考えています。また、障害をお持ちの方にも、ある時はサポートを受ける側として、ある時はサポートをする側として、柔軟に関わっていただきたいと思っています。例えば「操作のしかたは大体マスターしたので、今度は自分がお手伝いをしたい。逆に新しい機器を接続する時など、自分だけでは難しいことは手伝ってほしい」というように・・・。

パラボラ相模原では、障害をお持ちの方がたくさん活躍しています。みんなで協力して、「パラボラ相模原」の活動を支えていきたいと願っています。この趣旨にご賛同いただける方は、ぜひ会員となって会を支えてください。

■ 正会員: 入会金 なし  年会費3000円(事情により減免することがあります)

 正会員とは主に相模原近隣にお住まいで「パソボラ相模原」の活動趣旨に賛同して入会した個人のかたで、ご自分の都合に合わせて自発的に活動に参加されるかたで、ボランティアする人される人両方を想定しています。
ご注意: 会計年度は4月からです。ただし、途中退会の場合、返金はいたしません。

■ メール会員: メーリングリストを通じて情報交換、技術支援などを行う。会費は無料。

 主に市外、遠隔地のかたで、サポート活動に参加するのが難しい方も、情報協力などで、どうぞ「パラボラ相模原」の仲間になってください。
ご注意: 相模原市内在住の方は原則「正会員」にお入りください。

■ 賛助会員: 活動には参加しないが趣旨に賛同し資金面で援助する個人または団体。賛助会費は任意の金額とする。

 各会員についての詳細は事務局までお問い合わせください。

振り込み先案内
  パラボラ相模原ゆうちょ銀行振替口座
    口座番号 00290-9-66673   口座名義 パラボラ相模原

入会・ご利用申し込みページへ

パラボラ相模原のチラシ(PDFファイル)
トップへ戻る ▲ホームページのトップへ


Copyright (C) 2000-2015 The Volunteer Group PARABORA SAGAMIHARA
All Rights Reserved