パラボラ相模原の活動紹介

[1.訪問サポート] [2.教室運営] [3.教室やミ-ティング等の活動拠点]
[4.年間活動計画] [5.教室設備]


 パラボラ相模原は「個人訪問サポート」と「教室の運営」の二つを柱に、無償でサポート活動をしています。活動に係る交通費はサポーター負担、通信費、設備費等は会費、寄付金、助成金によってまかなわれています。

▲ホームページのトップへ
 個人訪問サポート

 障害を持つかたからの直接の依頼、または社協などの公的団体からの依頼を受けて、個人宅に訪問し、パソコン機器の設置、移動、操作指導、トラブル復旧などのサポートをします。活動範囲は相模原市内および周辺地域です。操作指導の場合は、操作を習得できるまで数ヶ月にわたってサポートしています。また、ケースに応じて障害を持つかたのご家族にもいっしょに操作を覚えていただき、先々ご家族がフォローができるように配慮しています。

トップへ戻る

 教室の運営

 パラボラ相模原として以下の教室を開催しています。

教室名称 開催場所 開催日 現在の主な活動状況
はしもと教室 相模原市緑区橋本
ミウイ・橋本図書館内
月3回火曜日
9:30〜12:00
視覚、肢体障害者他のサポート
ソレイユ教室 相模原市緑区橋本シティプラザ橋本
ソレイユさがみ内
第2,4火曜日
13:30〜16:00
視覚障害者、高齢者他のサポート
南教室 相模原市南区相模大野
南保健福祉センター内
毎週水曜日
13:00〜15:30
視覚、肢体障害者他のサポート
あじさい教室 相模原市中央区富士見
けやき会館内
第2,3,4木曜日
13:30〜16:00
視覚、肢体障害者他のサポート
シニア教室 相模原市中央区富士見
けやき会館内
第1,3,4金曜日
13:30〜16:00
高齢者、障害者のサポート
土曜教室 相模原市南区相模大野
南保健福祉センター内
毎週土曜日
13:00〜15:30
視覚、肢体障害者他のサポート
けやき教室 相模原市中央区富士見
けやき会館内
第2,4日曜日
14:00〜16:00
聴覚障害者他のサポート

 ※ 開催日は会場等の都合により変更になる場合がありますので、詳しくは事務局までお問合せ下さい。

 各教室では数名の視覚障害、肢体不自由、聴覚障害などのかたが、継続的に教室に参加され、ホームページの閲覧やメールの送受信、文書作成や表計算などの操作を学んでいます。

 基礎的な操作指導はおよそ3ヶ月を目安にしています。教室に継続して参加することによって、自分のペースで操作を習得することができ、仲間に出会うことによって励みにもなります。 そして、ある程度使えるようになり、自分でパソコンを購入し、自分自身の経験を生かしサポーターとして活躍しているかたもいます。

 全国のパソコンボランティア団体の中で、このような教室を定期的に開催出来ているところは非常に少ないようです。今後は人の輪を大切にし、さらに多くの方に参加していただきたいと思っています。

 各教室の様子はトップページの各教室のページよりお入りください、詳しく紹介しています。

トップへ戻る



 教室やミーティング等の活動拠点

教室・ミーティング等の活動拠点
さがみはら市民活動サポートセンター

写真-サポートセンター全体の様子
相模原市立(運営受託:特定非営利法人 さがみはら市民会議)
さがみはら市民活動サポートセンター
http://www.sagamaru.org/

住所 252-0236 相模原市中央区富士見6丁目6番23号
    けやき会館 3F (あじさい会館となり)
TEL  042-755-5790
開館 午前9時〜午後10時 (年末年始、特定日を除き無休)

パラボラ相模原では、同センターと協力しパソボラを推進しています。


写真-パソコンが置かれたオープンスペース

1. 同センターの保有するADSL回線を利用し、快適なインターネット環境を利用者に提供しています。現在、あじさい教室、けやき教室、およびシニア教室の活動は、サポートセンターを中心に開催しています。

2.視覚障害者対応音声ソフトを備えたマシンを常設し、上肢障害者用の入力支援機器等もあります。

トップへ戻る


 年間活動計画

■ 平成25年度活動計画 (2013年4月〜2014年3月 )

パラボラ相模原 平成25年度 活動計画

1、教室の充実と会員間の親睦を図る
・ 1週7教室を継続するとともに、障害者と高齢者がともに学び、助け合う環境の充実を目指す。また、パソコン利用を通じて会員間の親睦の輪を広げ、人と人とのコミュニケーションを円滑にする。

2、サポーターの充実
・ サポーター育成の一環として、ワンランクアップしたスキルアップ講習会を積極的に実施してサポーターの増員を図るとともに、新しくサポーターになった方々を対象にサポーター研修会を実施する。

3、障害者への支援の充実
・ 市立総合学習センター主催視覚障害者支援のパソコン体験講座をはじめ、市社協主催の障害者支援パソコン体験講座などの開催運営に協力する。
・ 市社協が後援するITサロンへの取り組みに協力し、地域の障害者の方々が自己実現、社会参加の促進等の自立支援に協力する。
・ 障害者の就労を目指して、意欲ある障害者を支援する。

4、ハンディキャップ体験講座の参加 ・ 市社協主催の「ハンディキャップ体験講座」に参加し、中学校の生徒に対して、障害者に対する理解を通じて福祉を考え、市社会福祉機器展示室の障害者支援機器の使い方を体験し、共生についても関心を高める機会創出に協力する。

5、有償化の取り組み
・ 有償化の取り組みをさらに進め、交通費の支給などサポーターへの負担軽減に努力する。

6、他団体への協力、支援活動および他団体との交流
・ 市社協に団体として加入し、支援要請に協力する。
・ さがみはら市民活動サポートセンターに団体として登録し、支援要請に協力する。
・ 公民館等でのパソコン講座を積極的に支援し、障害者が地域でパソコン支援を受ける機会が増えるように努める。
・ 他団体との交流に参加し、情報交換や親睦に努める。

(2013年4月20日 パラボラ相模原代表 長谷川久清)

トップへ戻る

 教室の設備

 教室運営をする為のパラボラ相模原のパソコン設備をご紹介します。これらの機器は全てパラボラ会費、及び、皆様の貴重な寄付金、物品の寄贈、助成金によって設備されました。

 それぞれの教室に、パソコン5台以上とインターネット環境を整備しています。参加費は無料で、通信費等は会費、寄付金、助成金によってまかなわれています。

 ■ パソコン設備のページへ。
 ■ 寄付、寄贈および講座支援者 ご芳名一覧のページへ。


▲トップへ戻る  ▲ホームページのトップへ


Copyright (C) 2000-2013 The Volunteer Group PARABORA SAGAMIHARA
All Rights Reserved